親知らず

痛みに耐えきれない虫歯

痛みに耐えきれず歯医者へ駆け込んだのは12月の後半だった。数年前に顔を出して以来伸びては止まりを繰り返していた右上奥の親知らずが、とうとう歯の無い下歯茎に刺さり出し、その傷が膿んでしまったのだ。診察を受けるとすぐに抜歯が決まった。麻酔が効くまで待つ間、小学生の頃の抜歯治療を思い起こしていた。痛くて大泣きしたこと、抜歯の翌日に給食で出た冷凍パインを傷の痛みで食べられなかったこと。椅子が倒され、手袋とマスクをした先生は、「ちゃっちゃと抜いて年明けにお節を思いっきり食べましょうね」と言った。お節あんまり好きじゃないけどな、と思いながら頷いた。親知らずに金属の器具が当たる感触がして、いよいよだなと身構えわたしに構わず先生は「僕はね、伊達巻がいちばん好きですね」などと穏やかな口調でお節の話をし続けた。

虫歯治療のイメージ

わたしは口を開けていて返事ができず、内心お節の話はもういいよと思いはじめた頃に突如頭にメリメリっと音がして、親知らずは呆気なく抜けていった。その音にはとても驚いたが、体感としては全く痛くなかった。抜かれた親知らずは生えていた部分より歯茎に埋まっていたの方が長かった。恐怖はいつのまにか忘れていた。先生のお節トークはきっと麻酔では取れない恐怖心を和らげてくれていたのだろうと、今はそう思っている。ヒアルロン酸注入で注意してもらいたいのは過剰注入で施術直後腫れ、麻酔液の関係で肌が膨らみやすい状況となりますが、2~3日後ボリュームダウンします。

痛みからの解放

施術から1週間経過しても自然な仕上げとなりますが、皴目立たないを越して皮膚の一部がふくらみすぎるような症状出れば過剰注入のケースが考えられて、目じり、目の下など皮膚薄いところに注入したらダマ上になって表面が凸凹になるケースもあり、これは皮膚状態とヒアルロン酸合わないなどの理由で起きてきます。何らかの異常があればすぐ医者に相談してみてください。そして、注入系施術は何らかの事情により元に戻したい要望が少なくなくて、肌の凸凹ふくらみ気になり鏡を見るのつらいなど。注入されたヒアルロン酸は再注入しないと半年~1年後吸収されなくなりますが、それをさらに早められるのはヒアルロン酸分解酵素を利用することです。そして、ヒアルロン酸注入時に専用の細い注射針を利用して大抵の方は耐えられるぐらいの痛みです。そして、皮膚にメス入れない注入系施術でそれほど過度に怖がらなくてもいいです。痛みにわ良い方向けに事前にマウイクリーム塗ったり処方してくれるクリニックあります。

PR|鳥取で根管治療おすすめの歯科医院は

クリニックラボクリニックの教科書病院の教科書医療ラボクリニックナビ健康ナビクリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ病院ネット医療ナビ